南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ(2019〜)
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
健康メモ(2013〜)
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
つらい関節の痛み(1):母指CM関節症 2019.11.1

 つらい手の関節の痛みの一つに「母指CM関節症」があります。リウマチなどと比較して、あまり聞き慣れない病気だと思います。これは親指の付け根の関節の変形性関節症のことを言います。
 この病気の手・指の症状としては、物をつまむ時やビンのふたを開けたりする時など、母指(親指)に力を必要とする動作を行った際に、手首の母指の付け根付近に痛みが出る特徴があります。そして進行すると、この母指の付け根付近が膨らんできて母指が開きにくくなります。また母指の指先の関節が曲がり手前の関節が反った、いわゆる「白鳥の首変形」を呈してきます。
 次に原因・病態(病気の成り立ち・病状)ですが、母指の手前の甲の骨(第1中手骨)と手首の小さい骨(大菱形骨)の間の関節(第1手根中手骨関節:CM関節)は、母指が他の指と向き合って「つまみ動作」ができるように大きな動きのある関節です。したがって、その分、使い過ぎや老化に伴って、関節軟骨の摩耗が起き易く、進行すると関節が腫れ、亜脱臼してきて母指が変形してきます。
 最後に「母指CM関節症」の鍼灸治療は、母指CM関節周囲や手のツボをねらい鎮痛効果を目的に鍼治療を行います、また普段は固めの包帯を母指から手首にかけて8の字型に巻いて動きを制限し母指CM関節を固定しておきます。それでも痛みが強く、亜脱臼を伴う高度な関節の変形や母指の「白鳥の首変形」が見られる時には、医療機関に相談しましょう。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED