南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ(2019〜)
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
健康メモ(2013〜)
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
「逆子(骨盤位)」の鍼灸治療(1) 2021.1.1

 「逆子(医学的には「骨盤位」という)」とは、子宮内で赤ちゃんが下半身を子宮口側に向け「ている姿勢を言います。それでは、一体なぜ、赤ちゃんは「逆子」になってしまうのでしょうか?、また施設・医師によって異なりますが、「逆子」と言われるのは、大体いつ頃なのでしょうか?についてお話します。
 妊娠中期ごろまでは、赤ちゃんにとって子宮内は広く、活発に動き回ることのできるゆとりがあるため、赤ちゃんは様々に向きを変えながら過ごしています。したがって、妊娠週が浅い段階では、分娩時の赤ちゃんが「逆子」になっていることを予測することはできません。妊娠後期に入り、体が大きく成長すると、赤ちゃんは最も重い頭を下に向けた「頭位」という状態で落ち着きます。妊娠中期(27週未満)での逆子の割合は全妊娠の約20%〜30%ですが、このほとんどは分娩時には「頭位」になります。そのため、医師がお母さんに逆子であると伝える時期は医者により差はありますが、妊娠中期〜後期にかけてが多いと思います。
 次に、逆子になるリスクですが、逆子の多くは特別な原因があるわけではないので、赤ちゃんが逆子になることを予測することは困難です、しかし下記のことが逆子のリスクになっている可能性があります。例えば1)子宮筋腫、2)先天的な子宮の形態異常、3)前置胎盤、4)羊水過少や羊水過多、5)多胎妊娠(双子や三つ子以上の妊娠)、6)子宮内胎児発育遅延、7)赤ちゃんの形態異常(水頭症など)、8)前回妊娠が帝王切開だった、また1人目のお子さんが逆子であった場合、2人目も10%の確率で逆子になるという報告もあります。ちなみに、「逆子は遺伝するのか?」ということについては現在のところわかっていません。
 続いて、「逆子体操で逆子は治るか?」と言うと、一般的に広く知られている逆子体操やポジショニングは、医学的な根拠が乏しく統一見解がないため、医者の方から積極的な紹介はしていない場合もあります。ただ根拠の有無にはかかわらず、「何かやってみたい」という方には、鍼灸治療などの療法もお勧めします。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED