南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ(2019〜)
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
健康メモ(2013〜)
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
坐骨神経痛の豆知識(8):坐骨神経痛の日常生活のコツ(その2) 2020.9.1

 坐骨神経痛の予防法(日常生活のコツ)について、前回に続き今回は[2]日常生活から坐骨神経痛の悪化を防ぐライフスタイルについてお話いたします。
 1.【禁煙で血行改善】が大切。⇒⇒坐骨神経痛の改善には、禁煙をする事も効果的です。タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ酸素や栄養の供給を阻害してしまう事から、椎間板の変形が進み、腰椎椎間板ヘルニアを悪化させてしまう原因となります。禁煙によって血行が良くなると、筋肉の緊張やこわばりもほぐれ、痛みの原因物質の排出も促進され、痛みの改善につながります。
 2.【自分にあった靴を選ぶ】事が必要。⇒⇒歩きにくい靴は姿勢を崩す原因になり、坐骨神経痛だけでなく腰痛や関節痛などの障害が起こります。特に「坐骨神経痛の方」は、@ヒールが低く、なるべく紐靴で足の甲をしっかり支えられるタイプの靴。Aスニーカーの場合は、足の付け根あたりで曲がる靴底のものを選ぶ。Bかかとをしっかり包み込んでくれるデザイン。Cつま先に少しゆとりがあるもので、地面から2.5〜3.5p上がっているものなど。自分に合った歩きやすい靴を選ぶと、腰への負担が減り坐骨神経痛改善にも役立ちます。
 3.【買い物袋やかばんはバランス良く持つ】事が大切。⇒⇒どちらか一方に重心をかけ続ける事は、脊柱が傾き筋肉の動きをアンバランスにし、姿勢を崩す原因になりかねません。日常生活で使うかばんや、買い物袋を持つ時は工夫をし、なるべく腰に負担をかけないようにしましょう。特に「重いかばんを持つ時」には、@ショルダーバッグやリュックのストラップは短めにする。A重い荷物を持つ時は左右に分けたり、持ち替えたりする。Bカートを利用する。リュックやショルダーバッグはストラップが長すぎると腰に負担がかかってしまうので、なるべく体にフィットするよう、ストラップを短めに調節します。また、可能であれば左右に分けて荷物を持ったり、カートを利用するのも良いでしょう。痛みがあると何事もおっくうになり、動かない事でさらに痛みが増すといった悪循環に陥る事もあります。日々の暮らしの見直しから、日常生活を快適に過ごせるよう心掛けましょう。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED