南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ(2019〜)
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
健康メモ(2013〜)
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
「夏バテの予防法!」:3 2022.8.1

 最後に、夏バテを予防するためのポイントを少し紹介いたします。季節の変わり目や夏本番の時期を健康的に過ごすために、日常生活では以下に配慮しましょう。

◆「夏バテを予防する過ごし方」について
 〈予防1〉「疲労回復につながる栄養を摂る」こと。
 夏バテになると食欲が落ちやすくなりますが、食事を摂らないままでいると栄養不足が懸念されます。食欲があまり出ないときも、工夫して栄養を取り入れましょう。その際は、ビタミンB1が含まれる食品(うなぎや豚肉など)や、アリシンが含まれる食品(ネギやニンニクなど)がおすすめです。ビタミンB1は摂取すると疲労回復につながり、アリシンはビタミンB1の吸収を高める働きがあるといわれています。

 〈予防2〉「眠りやすい状態を整える」こと。
 暑さで眠れないときや、眠りが浅いときは、意識して普段よりも眠りやすい状態を整えましょう。就寝約60〜90分前にはテレビ・スマホを見るのは止め読書も避け、なるべくW脳Wを休めましょう。また、就寝30〜60分前には入浴し、その際WぬるめWの温度の浴槽に浸かります。どうしても暑さが気になるときは、入眠時に氷枕や冷房を活用しても良いでしょう。十分な睡眠で疲労を回復して、疲れを残さない習慣をつくれると理想的です。

  〈予防3〉「鍼治療により心身ともにリラックス状態にする」こと。
鍼治療は自律神経機能を整える作用があります。つまり、鍼治療は自律神経の中の一つである交感神経機能を抑制する効果があります。いわゆる全身の血行をよくし心も体もリラックスさせて、疲労回復をはかります。
  どうぞお試しください!!。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED