南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ(2019〜)
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
健康メモ(2013〜)
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
「気をつけたい初夏の夏バテ!季節の変わり目の過ごし方」:2 2022.7.1

 気温が高いときに起こりやすい夏バテは、どのような原因で生じるのでしょうか。ここでは、今回は初夏にもありがちな原因をご紹介していきます。

◆「夏バテの原因」について
 〈原因1〉「睡眠不足」
   十分に眠れない日や眠りの浅い日が続くと、睡眠不足に陥り疲労を回復しにくくなります。特に、暑さで寝苦しくなる時期は睡眠不足になりがちです。夜間でもほとんど気温が下がらない日も珍しくありません。こうした状況が夏バテの原因となる可能性があります。

 〈原因2〉「自律神経の乱れ」
   暑い時期は自宅や職場で冷房を使う機会が増えます。室外は温度が高く、室内は温度が低い状態です。このような温度差に対応すると体力が消耗され、ストレスが溜まりやすくなります。温度差の変化が自律神経の乱れにつながり、夏バテを招くおそれがあります。

  〈原因3〉「水分不足」
夏場には水分をこまめに補給することが大切ですが、初夏も同様です。体内の水分が不足すると血流が滞り、だるさや食欲不振をはじめとした不調にもつながります。汗をかく量が増えるのに備え、暑さを感じ始める5月頃から意識して水分を摂るよう心がけましょう。
次回は、◆「夏バテの予防」についてお話いたしまず。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED