南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ(2019〜)
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
健康メモ(2013〜)
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
新概念「ロコモティブシンドローム」:5 2021.12.1

 前回、日々の生活スタイルで体を動かす運動習慣をつけることを推奨しました。今回はさらにプラスした毎日の定期的な運動となる「ロコモーショントレーニング(略してロコトレ)」についてお話いたします。
 先の「ロコチェック」で“ロコモティブシンドロームの心配のあった方”の“治療・予防”に有効なのが「ロコトレ」です。「ロコトレ」とは、「片脚立ち」と「スクワット」の2種類のトレーニング方法のことで、“バランス能力をつけること”、“下肢の筋力をつけること”ができ、自分のレベルに合わせて安全に行えるトレーニング方法です。毎日続けることで元気な足腰の維持につながります。
 最初に、[§1]バランス能力をつけるロコトレの「片脚立ち」の方法をお話しいたします。その手順やポイントは以下のとおりです。
 先ず(1)「片脚立ち」の手順は、@ バランス能力をつける「片脚立ち」は、机や壁、手すりなどに、片手を置いて支えにし、転倒しないように片脚立ちをします。片脚をあげたまま、1分間保ちます。A 片脚をあげている時は、真っすぐに姿勢を保ちます。片手の支えでは難しい方は両手を机について行いましょう。反対に少しの支えで片脚立ちができる方は、片手の指先だけをついて行ってみましょう。
 次に、(2)「片脚立ち」のポイントは、@ 姿勢をまっすぐにして行うようにします。A 支えが必要な人は、十分注意して、机に両手や片手をついて行います。B 指を机についただけでもできる人は、机に指先をついておこないます。C 左右の足を入れ替えて、左右1分間ずつ、1日3回行います。
 「ロコモ」の“治療と予防”には、毎日の運動習慣とバランスの摂れた良食生活が重要です。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED