南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|肩こり・腰痛(症例・治療)

<疲労・だるさとは> 疲労・だるさとは、運動など体を動かした時に起こるものと、安静にしていても感じるものとがあります。いわゆる、長時間の労働による生理的なものと、原因となる疾患による病的なものがあります。
[スタイルシート]
[スマホ表示調整タグ]
疲労・だるさの原因と治療について
<原因>
  <原因>
1)日常生活から考えられる原因として、例えば、@過労や睡眠不足、不規則な生活。A働きすぎで休息が取れなかったり、B精神的なストレスの蓄積、C偏った食事による栄養バランスの乱れなど。 
2)疲労・だるさをともなう病気が原因として、例えば、@急性疾患では風邪、インフルエンザや急性肝炎など、A顔にむくみがある場合などは腎臓や心臓疾患が、B顔色が悪くてめまいをともなう場合は貧血や更年期障害、低血圧症などが疑われます。C他にも、いろいろな病気が考えられる場合があります。

<治療方針>
<治療方針>
1)自律神経の機能調整により血液循環を改善し組織内への疲労物質の蓄積を防ぐ。
2)全身的な変調効果を得る(東洋医学では各ヅボを結ぶルートを経絡といいます。
この経絡の中の気血の流れの滞りを病気と捉えています。この経絡の流れの滞りを正常化し全身状態を良好にすること)。

<治療方法とその効果>
<治療方法とその効果>
以上の治療目的を基に「疲労・だるさ」の症状の改善・予防を行います。頸肩や腰、お腹や手足のツボや、全身的な変調効果を得るツボに、鍼灸治療(鍼治療・電気鍼・灸治療など)を行ないます。
 治療効果は個人差がありますが、数回の鍼灸治療により「疲労・だるさ」は軽減します。しかし、「疲労・だるさ」の鍼灸治療に関しては、ストレス社会にさらされる日々の生活の中では、定期的な鍼灸によるケアをしながら健康の維持増進をはかることが大切です。また、鍼灸治療は、全身の新陳代謝も良くなり免疫力も高まる治療効果が併せて得られます。
 最後に、日常生活でできる予防法として、@規則正しい生活を心がける、A十分な休息をとる、Bスポーツや趣味に没頭するなど、ストレスを解消する、C栄養バランスのとれた食事をすることを心がけましょう。

text
町田・つくし野 腰痛・肩こり・坐骨神経痛、頭痛などあらゆる痛みの治療が出来ます。

page link

[アクセス解析]
COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED