南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|肩こり・腰痛(症例・治療)

<膝痛とは> 膝痛は、膝の痛みが外傷によって生じたものか否かによって、外傷性膝関節痛(関節内骨折・半月板損傷・靱帯断裂など)と非外傷性膝関節痛(変形性膝関節症・過度のスポーツ障害としての運動性膝関節痛・慢性関節リウマチなど)に大別されます。ここでは鍼灸治療上重要な非外傷性膝関節痛(特に変形性膝関節症・過度のスポーツ運動障害としての運動性膝関節痛)について紹介いたします。
[スタイルシート]
[スマホ表示調整タグ]
膝痛の原因と治療について
<原因>
<原因>
1)変形性膝関節症の原因は、中高年層の老化現象として、@膝の関節軟骨の摩耗から始まり、A膝関節の骨の増殖性変化(膝関節の骨が変形して除々に棘状に形成されること)、B半月板と靱帯の変性、C関節包(かんせつほう:関節の中心にある関節液を包む袋)の炎症、D大腿四頭筋の萎縮(太股前面の筋肉の筋力低下)が原因で起こり、これらの因子が単独ではなく互いに複雑に関係し合い悪循環を繰り返しながら、結果的には変形性膝関節症を発症します。

2)スポーツ運動障害としての運動性膝関節痛の原因は、「ジャンバー膝(マラソン選手やバスケットなどジャンプの多い競技選手に多発し膝の下が痛む病気)」など、膝の使いすぎや過労により除々に痛めたことによります。

<治療方針>
<治療方針>
1)膝痛の鎮痛効果をはかること。
2)膝関節周囲の筋肉・靱帯・腱のこりをとること。
3)自律神経機能を調整し膝関節の血液循環を改善すること。
4)膝関節の可動域を確保すること。
5)全身的な変調効果を得ること。

<治療方法とその効果>
<治療方法とその効果>
以上の治療目的を基に「膝痛」の症状の改善・予防を行います。膝関節周囲の痛みの部位や、全身的な変調効果を得るツボに対して鍼灸治療(鍼治療・灸治療・灸頭鍼)、温熱療法を行ないます。最後に膝関節の運動療法を行い、特にこの運動では、大腿四頭筋の筋力強化運動が重要です。膝周囲の筋力がつくことによって「膝痛」が楽になるので、毎日自宅で膝を伸ばす運動をお勧めします。
 効果として、膝の感染症や膝の組織上の問題がない「膝痛」は、数ヶ月の鍼灸治療により、じっとしている時や歩いた時の膝の痛みは楽になります。そして膝の痛みの予防対策として、日常生活で正座はせず毎日大腿四頭筋の筋力強化運動を続けることが大切です。

text
町田・つくし野 腰痛・肩こり・坐骨神経痛、頭痛などあらゆる痛みの治療が出来ます。

page link

[アクセス解析]
COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED