南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|肩こり・腰痛(症例・治療)

<肩こりとは> うなじから肩甲骨の上、左右肩甲骨の間に及ぶ範囲の、自覚として詰まったような、こわばったような不快感を感じるものから痛みに至る感覚を総称したものをいいます。肩こりが強くなると頭痛や顔面痛、腕の痛みを生じるようになります。
[スタイルシート]
[スマホ表示調整タグ]
肩こりの原因と治療について
<原因>
<原因>
1)過剰使用による頸肩の筋疲労によるもの。
2)日常的な精神的緊張によるもの。
3)整形外科(頚椎疾患など)、耳鼻科、眼科(VDT症候群:パソコンの長時間使用による首痛など)、歯科(虫歯など)、内科(自律神経失調症 高血圧症 低血圧症 動脈硬化症など)、婦人科(更年期障害など)の各科疾患に起因するものがあります。

<治療方針>
 <治療方針>
1)首から肩や左右肩甲骨の間に及ぶ範囲の筋肉の懲りをとること。
2)精神の安定をはかること。
3)自律神経の機能の調整をはかり全身の血液循環を改善すること。
4)全身的な変調効果を得ること。(東洋医学では各ヅボを結ぶルートを経絡といいます。この経絡の中の気血の流れの滞りを病気と捉えています。この経絡の流れの滞りを正常化し全身状態を良好にすること)。

<治療方法とその効果>
<治療方法とその効果>
以上の治療目的を基に「肩こり」の症状の改善・予防をはかります。頸肩の患部の圧痛や硬結などの反応点や基本穴を使用し、鍼灸治療(鍼治療・灸治療・灸頭鍼・電気鍼:低周波鍼通電療法など)を行ないます。また各科疾患(整形外科、耳鼻科、眼科、歯科、内科、婦人科疾患)に起因する肩こりは、各科疾患がベースにあっても、それぞれの症状に合わせて対症療法としての鍼灸治療を行ないます。  効果として鍼灸治療を重ねるに従い肩の不快感を忘れる程身体が軽くなります。腰痛と同様、全身の新陳代謝が良くなり免疫力も高まると云う治療効果も併せて得られます。

text
町田・つくし野 腰痛・肩こり・坐骨神経痛、頭痛などあらゆる痛みの治療が出来ます。

page link

[アクセス解析]
COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED