南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
坐骨神経痛にお困り方は 必見!! 2017.5.9

 季節の変わり目になると、次のような「足の痛みや痺れ」で困っているという話をよく耳にします。例えば、お尻のえくぼの辺りや太ももの横や後に筋肉痛を感じる、または肉離れのような鋭い痛みがある、足がつるような痛みがある、いつも足先がビリビリ痺れるなどです。これは坐骨神経痛の典型的な症状で、実際は自身が坐骨神経痛であることに気がついていない人も多いようです。また、整形外科で坐骨神経痛と言われ、しばらく「ビタミン剤や神経性障害疼痛の鎮痛剤(痛み止め)」を内服していたが、なかなかその効き目かみられないという人にもよく遭遇します。
 このような人こそ、鍼治療を一度受けてみませんか。鍼治療に対して「痛い」とか「怖い」というイメ−ジを持っている方もおられると思いますが、鍼は副作用がなく皮膚表面を刺入する際、ほとんど無痛で刺入される治療方法で、鍼先が坐骨神経に触れた時に若干坐骨神経の走行に沿った「ひびき」を感じることがあります。この感覚はブロック注射を受療した経験のある人は皆さん、注射よりはるかに楽と話されます。
 鍼治療は、坐骨神経ブロック点に刺入し“電気鍼”による治療を行います。ブロック注射に比べ、@注射針より極細い鍼を使う為刺入時の痛みがないこと。A神経ブロックのような即効性はないが、鍼灸治療は身体の自然治癒力を高める治療なので時間が少しかかりますが、治療を重ねるごとに坐骨神経痛がない時間が除々に延長し、一度改善すると時々の坐骨神経痛に対するケアだけで、自力で自然に坐骨神経痛を軽快することができるようになります。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED