南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
温泉の豆知識(4) 2016.9.1

 今回は、全国の温泉地での様々な温泉の利用法について紹介したいと思います。
 近年、温泉地の中には温泉病院が設立され、そこでは温泉を活用した浴療法と東洋医学(鍼灸・漢方薬)による治療を併用したリハビリテ−ション(身体障害者社会復帰)が行われています。先ずは「温泉病院でのリハビリテ−ション」について少し紹介したいと思います。
 関東甲信越地域には、七沢病院(神奈川県)・鹿教湯温泉病院(長野県)などの有名な温泉病院があります。例えば七沢病院では、脳卒中後遺症としての片麻痺患者さんや交通事故による外傷などの交通障害の患者さんに対してリハビリを行っています。先ず東洋医学科で鍼灸治療により筋肉の麻痺・関節の痛みを緩和して、本来のリハビリとしての身体運動がやりやすい状態を作ります、そして温泉を利用した入浴療法・機能訓練室での機能回復運動などのリハビリを行ない日常生活の向上をはかることを目的とした治療が行なわれています。
 次に、温泉地の中には温泉を活用した「健康づくりの場」としての健康増進施設(クワハウス)があります。この温泉を利用した健康増進施設では、打たせ湯や蒸し湯などの伝統的な湯治療法に加え、温泉科学、運動生理学などを取り入れた近代的な設備を備えており、温泉利用型健康増進施設として注目を集めています。この施設では専門的な知識をもった温泉のエキスパートから入浴指導を受けたり、健康相談をしたりすることができるほか、入浴や運動の効果的なプログラムによる「健康づくり」ができるなど、さまざまなメリットがあります。
 今後ももっと温泉を活用しましょう。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED