南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
「梅雨」の季節に起こりやすい病気「梅雨ダル」の解消法 2015.7.9

 例年のごとく雨の日は肌寒いのに晴れるとジメジメと蒸し暑い、 そんな梅雨まっただ中。 この時節「梅雨ダル」でお困りではありませんか?。ところで、この耳慣れない「梅雨ダル」って御存知ですか?。 「梅雨ダル」とは、「梅雨の時期、肩が凝る・何となく身体がだるい・疲れやすい・やる気が起きない」などの症状のことをいい、 今年できた新語です。
  「梅雨ダル」の3大症状とは、「肩こり」「だるさ」「疲労感」の3症状のことをいいます。 何故この季節になると「梅雨ダル」になるかといいますと、梅雨の時期は気圧が低いので、空気中の酸素が薄くなります、 身体はこの酸素欠乏の状態に適用しようとして「お休みモード」になる、いわゆる「全身の血行」が悪くなります。 つまり「梅雨ダル」の原因は、「全身の血液の循環障害」にあります。
 鍼灸治療は自律神経に働きかけ「全身の血行」を良くする作用があります。「梅雨ダル」でお困りの方は、 体調管理の一貫として「梅雨対策の鍼灸治療」により体調を整え快適な毎日を過ごしましょう。
 またその他、「梅雨ダル」の解消法として、鍼灸治療と併用して毎日の入浴をお勧めします。入浴時気をつけることは。 @38〜39℃の「ぬるま湯」に最低でも10分、約30分程入ること。 つまり就寝前の入浴は「ぬるま湯」の方が身体は「お休みモード」になり良く眠れます。 しかし41℃程の「熱い湯」は逆に「目覚めモード」になってしまい身体が休まりません。 A「半身浴ではなく全身浴」を行いましょう。「全身浴」の場合は水圧が身体全体にかかるので全身の血液が心臓に戻り、 その結果全身の血流が良くなります。しかし「半身浴」の場合は身体の一部の血液しか心臓に戻ってきません。 B入浴剤を入れて血行を良くしましょう。入浴剤の炭酸の泡が皮膚につくと身体は酸素が不足していると感知します。 その為身体は酸素を要求しようするので、全身の血流が良くなります。
 鍼灸治療と浴療法(温泉浴を含む)の併用療法は相乗効果となり、より効果的と思います。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED