南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
「足の神経痛」に対する鍼灸治療 2015.6.10

 「足の神経痛」という言葉で思い浮かべるのは、「坐骨神経痛」が多いと思いますが、 実は他に「大腿外側皮神経痛(だいたいがいそくひしんけいつう)」という「太ももの外側のみが痛み・痺れる足の神経痛」があります。 今回は、足の神経痛の一つである「大腿外側皮神経痛」について紹介したいと思います。
 大腿外側皮神経は、第2、第3の腰椎の傍から出て骨盤の内側を通り、 足のつけねの前の股関節前面で鼡径靭帯(そけいじんたい)の下をくぐり抜けて、 縫工筋(ほうこうきん:骨盤から起こり股関節の前面・太もも前面を通り膝の下に付く筋肉)の間に出てきます。 そして、太ももの中央からやや外側の皮膚に分布している知覚を担当している神経です。
  この神経は、皮膚の知覚を担当している神経なので、運動神経の障害でみられる足の動きが麻痺して足が上がらなくなるとか、 筋肉が痩せ細るなどという症状はなく、太ももの外側の痛みや痺れ感だけが自覚症状として現れます。
  大腿外側皮神経は、前述した鼡径靭帯や、縫工筋の狭い空間の中を通るので、 神経がその弱点部位で外部からの圧迫を受けやすくなります、 つまり絞めつけられやすい場所での圧迫が原因で、この神経痛は発症します。
  大腿外側皮神経痛の症状は、発症時は、太ももの外側に灼熱感を伴う痛みが出現します、 ずっと座っていたり歩く時に、灼熱感が強くなり痛みが増強します。さらに、感覚の低下と痺れ感が生じてきますが、 腰痛はありません。また、大腿外側皮神経が鼡径靭帯の下をくぐるところあたりで、 Tinel sign(チネルサイン)と呼ばれる叩くとひびく場所があり、神経が圧迫されていることが疑われます。
  大腿外側皮神経痛は、鼡径部を圧迫することになる原因、すなわち肥満・妊娠・ベルトやコルセットの絞めすぎ、 あるいは窮屈なズボンや下着を付けることなどによって起こるといわれています。
  太ももの横がしびれたり痛む場合には、今回ご紹介した「大腿外側皮神経痛」を疑ってみてください。 そして、鍼灸治療を早い機会に受療されることをお勧めします。また、外的な神経の圧迫要因となる、 @急な体重増加、A仕事が事務で座ることが多い、Bお腹が出てきてズボンがきつい等には気をつけましょう。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED