南つくし野鍼灸院
HOME
当院のご案内
診療内容
治療費
患者様の例
院案内・アクセス
院長紹介
健康メモ
原因と治療について
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
五十肩(肩・腕の痛み)
膝痛
頭痛
原因と治療について2
更年期障害
眼精疲労
疲労・だるさ
店舗案内イメージ
『南つくし野鍼灸院』|健康メモ


タイトル 日付
肩こりに悩む方は必見(3)、「肩こりと関係深い筋肉」 2015.3.1

 前回、人の骨格は「肩こり」をおこしやすい仕組みになっていることを述べました。今回は、 「筋肉の疲労」が「肩こり」を引き起こす一番の原因となるので、特に肩こりと深い関係にある筋肉 「僧帽筋(そうぼうきん)」、その周辺の筋肉についてお話したいと思います。
 人は骨格により姿勢を形作っていますが、姿勢を保ちながら各部の動きをコントロールしているのが筋肉です。 肩や首周辺には、「僧帽筋」「三角筋」「肩甲拳筋(けんこうきょきん)」「棘上筋(きょくじょうきん)」「棘下筋(きょくかきん)」など、 大小さまざまな筋肉があり、これらの筋肉には大きな負担がかかり易い仕組みになっています。 その結果、筋肉に疲労がたまって肩こりが起こりやすくなります。
 例えば、僧帽筋は、首から背中にかけておおっている大きな筋肉で、僧帽筋が担う役割は、重い頭の角度を保つと共に、 上体を起こしている間、左右合わせて10Kgにもなる「腕」を支える役目を果たしています、 特に「腕と肩甲骨を首から吊り下げる」ような構造、つまり「常に腕と首を持ち上げて支える状態」になっており、 日常生活でも酷使される為、僧帽筋には疲労が蓄積しやすい訳です。特に、なで肩で筋力の弱い女性にとっては、 とても疲労がたまりやすい筋肉といえます。
 また、猫背のように、頭の位置が前に出ると、当然、頭の重心が前に移ります。このとき、肩や首の筋肉は、 正常な姿勢に比べ、その位置を支えようとして余計に疲労してしまい、肩こりを引き起こしてしまいます。 猫背ぎみの人に肩こりが多いといわれる所以(ゆえん)でもあるわけです。

COPYRIGHT(C)2009 『南つくし野鍼灸院』 ALL RIGHTS RESERVED